札幌市(白石区・厚別区・清田区・豊平区・北区)・江別・岩見沢近郊の新規開業・会社設立、税務に関する事なら上堀幸一税理士事務所にお任せ下さい!

トップページ >  相続税について

相続税って何?

相続税は、親族などが亡くなったことにより財産を前の代から受け継いだ場合や遺言により財産をもらった場合に発生する税金です。
亡くなった人を被相続人とよび、相続によって財産を受け継いだ人を相続人とよびます。また、払わなければいけない理由として

① 偶然に財産を得たという不労所得であるため

② 特定の人に財産が集中することを抑えるために

かかるとされています。
上掘幸一税理士事務所では、相続税に関する様々なサポートを行っておりますのでお気軽にご相談下さい。

相続の発生

相続は、人が亡くなった時から始まります。亡くなってから何ヶ月かたっても「財産をどのように分ける」のかについては決めていないことは多いのですが、相続開始の時期というのは人が亡くなったその瞬間からと決まっているのです。

相続の流れ

1.相続人が亡くなる(相続の発生)

市区町村長に死亡届を提出します。(7日以内)

2.遺言書があるか確認する

自筆証書遺言・秘密証書遺言の場合は家庭裁判所の検認が必要です。遺言書がない場合は民法によってその範囲・相続順位・相続分が定められていまので、それに沿って分配額が決められます。

3.相続人を確定する

遺言書または、民法により相続の権利がある人を確定します。

4.相続財産を調査する

相続財産を全て挙げ、財産目録を作成します。

5.単純・限定承認 / 相続放棄の手続き

財産目録にもとづき、検討・手続きを行います。(3ヶ月以内)

6.遺産分割協議を行う

相続の権利がある人たちが集まり、誰にどれだけの財産を与えるかの話し合いをします。その結果を記した遺産分割協議書を作成します。

7.遺産の分配・名義変更を行う

不動産所有権移転登記や預貯金の名義変更等を行う

相続税の申告・納付

税務署へ申告・納付する(10ヶ月以内)

このように、相続にはやるべきことがたくさんあります。
これを一つでも疎かにしますとちゃんとした相続はできません。
早めに税理士に相談し、素早く的確に対応することが肝心です。

どちらが有利かは状況によります。

①贈与税の申告で暦年課税を選択するか、相続時清算課税制度を選択するかで納税額が大きく変わります。

②役員退職金を生前に受け取るか、死亡時に受け取るかで相続税・所得税の負担額が大きく変わります。

③小規模宅地等の特例(評価額が80%減額)に該当するよう生前から考えておきましょう。

④夫が死亡し、10年以内に妻が亡くなる、2次相続も考えて遺産分割しないと納税額が大きく変わります。

⑤誰が何を相続するかも重要(一般的には妻が居宅と現預金が良いが・・・)

※上記のとおり遺産分割も、相続税の申告も非常に判断が難しく、プロの税理士にお任せすることをお勧めします。

相続税の事ならお気軽に上堀幸一税理士事務所までご相談下さい。

札幌市(白石区・厚別区・清田区)・江別・岩見沢近郊の新規開業・会社設立、税務に関する事なら上堀幸一税理士事務所にお任せ下さい!