札幌市(白石区・厚別区・清田区・豊平区・北区)・江別・岩見沢近郊の新規開業・会社設立、税務に関する事なら上堀幸一税理士事務所にお任せ下さい!

トップページ >  相続税について >  相続税とは?

相続税とは?

相続税とは、ある人が亡くなった場合に、被相続人の財産を相続、遺贈等によって相続人が取得した時にかかる税金のことです。

相続税の申告

相続税は、「相続開始を知った日(通常は亡くなった日)の翌日から10ヶ月以内」に、被相続人の住所の所轄税務署に申告書を提出し、納付します。
この期限内に申告、納付しないと、「加算税・滞納税」の対象になります。
遺産分割は時間がかかりますが、法律では10ヶ月までと期限が定められていますから、遺産分割が治まらないので相続税が払えないなどといった事情は考慮されません。
もしこの期限内に遺産分割がまとまらなかった場合は、未分割のまま法定相続分で相続したとして申告、納税し、後日、改めて申告することが可能です。
遺産分割が確定後(申告期限から3年以内)、相続税を払いすぎている場合などは、「更正の請求」をして税金を返還してもらうこともできます。
反対に、納付した相続税が少なかった場合は「修正申告」をして追加納税します。

札幌市(白石区・厚別区・清田区)・江別・岩見沢近郊の新規開業・会社設立、税務に関する事なら上堀幸一税理士事務所にお任せ下さい!